リバウンドを繰り返した愚かなわたし

子供の頃から、痩せたり太ったりを繰り返してきました。

ダイエットしてせっかく体重を落としても、痩せたことに安心して食べてしまうせいか、ダイエットする前より体重が増えてしまうのです。

一時、身長167cmで、体重が65kgまであったこともあります。女性の適正体重より4kgオーバーしていました。

この頃、体格がいいと言われたこともあり、自分の体型が不満でした。鏡で見るより、写真のほうが太ったことが良くわかります。

太ると、二の腕に贅肉がついて太くなるせいか脇の当たりが窮屈に感じるんですよ。ウエストにくびれがあるなど体型にメリハリがあったのに太って贅肉が全身につくと、寸胴でドラム缶みたいになってしまいます。もともと、お腹が出ていましたが、余計にお腹が出るようになって、横から見ると出っ張った腹が目立ちました。

太ったことで、余裕で履いていたジーンズがきつくなって履くのに苦労したことがショックでした。

それから太ると、体が重くなって動くのが億劫になっていました。

外に出ず、家にこもっているとお菓子とか食べて、余計に太ってしまう悪循環に陥りやすいです。

どうにかしてこの悪循環から抜け出さないと、余計に太っていっちゃうから、気をつけてくださいね。

わたしは、食事制限したり、自転車に乗ってカロリーを消費したりと痩せようと必死になっていました。

だから、リバウンドせず、痩せた体型を維持出来る人を尊敬します。

体型を維持するには、食欲をいかにコントロールして、カロリーを消費出来るかが大切だと痛感しました。

運動が好きか否かも、痩せ型体型になるか、ぽっちゃり体型になるか大きく関係してきます。

わたしは、ご飯を何膳も食べ、カロリーの高いチョコレートやドーナッツなども摘んだ挙句、運動は一切せずに家にこもっていましたから、そりゃ太るわけですよ。食べたいものを我慢することが出来ず、食べ物の誘惑に勝てなかったのでした。

それで、久しぶりに体重計に乗って体重が増えていることを知ると、ショックでダイエットをしていたのです。増加が信じられず、量り間違いかと思って、再度、量っても同じ数字が示され、がっくりするというパターンがお約束でした。

リバウンドするぐらいなら、はじめからダイエットなんてしなければいいのですが、痩せ型体型に強く憧れていたわたしは、つい無理なダイエットをしていたんです。

リバウンドは体にも悪いですから、本当にバカなことをしたなと思います。太っていてもいいと思えたら、気が楽になれたのかもしれないのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です